本文へスキップ

いずみ愛犬訓練学校は○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○会社です。

繁殖と販売NEWS&FAQ


繁殖について

繁殖は単なる増殖であってはなりません。
本校では、素晴らしい伴侶となるべく優れた適性を持つ犬を求めて繁殖しています。
原則として自分が育て飼うための繁殖です。
繁殖した犬たちの販売を行っていますが、販売のための繁殖は行っていません。
 
繁殖ごとに12頭を手元に残します。
その子達の成長を見ることによってこそ繁殖の良否が判るのです。

家庭犬として健康でおだやかな性格の犬であることを最重視して繁殖しています。

スタンダード(犬種標準)の重要性を認識しておりますが、ショー(展覧会)体型やトライアル(競技会)性能にこだわった繁殖は行なっておりません。

より良い犬を求め繁殖を行なっていますが、どの子にも若干の短所や欠点があります。
ご覧いただく時点でわかっている範囲については、全てお伝えいたします。





販売について

健康な仔犬をお譲りいたしますが生命保証などは行ないません。
私方では母犬にも子犬にも存分な愛情と手をかけて育てています。
子犬というのは、非常に丈夫であると同時に非常に弱いものです。
すぐに病気にさせたり死なせてしてしまう方には、お譲りしたくないのが本音です。
また生命保証をするということは、その分の金額をあらかじめ上乗せすることにしかならないからです。 




仲介と紹介

ご要望によりご希望の犬種をお探して販売もいたします。
ただしご本人が直接に探されて購入なさる場合に比べて、仲介手数料を頂戴する分だけ価格は高くなります。
原則として当校在卒業犬のご家族様、並びにそのご紹介のある方に限ります。
繁殖者が業販価格を設定している場合には、高くならない場合もあります。  
仲介手数料は3万円です。




German Shepherd ドイツ シェパード

「万能犬」と称され、多くの国で様々な分野で使役犬として活躍するこの犬種の有能性については今更述べる必要も無いでしょう。
外観上、犬科の動物として最も原種に近い体型や容姿を持ちながらも性能面に於いては最良なる人間の伴侶としての資質を持ちます。

「玉磨かざればただの石」と言いますが、その資質を伸ばしてあげられる人にのみ奨めたいものです。
大きなダイヤの原石を磨きもしないで漬物石として使っているのを見れば、その石の価値を知る人間にすればもったいない限りだと思うのと同じです。 何も高等な訓練までしなければいけないとか警察犬にしなさいなどとは全く思いませんが、ただ庭に繋いで餌をあげて毎日運動に連れていく、それだけの事でしたらもっと飼い易く丈夫な犬種がたくさんいますのでそちらを選ぶ方が良いでしょう。

犬のことをあまり知らない人はシェパード=警察犬と言うほどに、その有能性は広く知られていますが同時に、その大きさや容貌のみならず、かつて軍用犬として用いられた歴史やテレビ・映画の影響も手伝って、シェパードに対して怖いというイメージをお持ちの方は相当に多いようです。
実際に「虎の威を借りた狐」さながらに飼い犬に人を襲わせた事件なども起きていますから、大きな犬や強そうな犬を連れていれば自分自身が強くなったようにでも錯覚するのでしょうか。
シェパード犬がこの先、良好な発展をして行くためには無闇には飼って頂きたくないのです。

なぜ、シェパードを飼いたいのか、そして飼った犬に何を求めるのかをきちんと考えてみて下さい。
単に賢そうだから強そうだから格好がいいからといった理由であるなら、川柳に「親を見りゃ、僕の将来知れたもの」というのがありますが、どんなに賢い犬を買ってきたところでそんな程度の理由で犬を飼う人に育てられたのではさほどの期待は持てないでしょう。
また頭の良い犬は間違った事、悪い事でもすぐに覚えてしまいますし、訓練性能の良い犬は、動きが敏捷すぎて非常に扱いにくかったりもするのです。
性格の明るい犬で、喜んでとびついてきた日には大の大人でも倒されるほどの体重にもなります。

相当に犬好きの方であってもその生涯を通じてお飼いになる犬の数はそれほどは多くないと思います。
他犬種の愛好家からは総攻撃を受けるでしょうが、私自身が他の某犬種の愛好家であることに免じて言わせていただければ、「本当に良いシェパードを一度飼ってみたら、あなたの犬観も変わりますよ。」
もちろんシェパードであれば全ての犬が賢い訳ではありませんし、他犬種の中にも優秀なシェパード以上に優秀な犬もいます。言わばアメリカ人は大柄だというようなものです。

他犬種との大きな違いは、体型面のみならず性能面にも及んで計画繁殖がなされていることにありましょう。
このことは展覧会用犬、訓練用犬と分けられ容姿ばかりが優れて性能や性格に問題のある犬や、逆に素晴しい訓練性能を持ちながらもシェパードの犬種標準からかけはなれた犬をうみだす等の問題点ももたらしましたが、最近では犬種団体や繁殖者の努力により、両立犬の作出に力をいれているようです。
つまり同時に、血統をみれば相当に高い確率でその犬の資質を見極めることができる訳です。
それだけにこれから小犬を探される方は、まずご自身の目的を見極めてください。
ペッショップの店先に並んでいる事はまずない犬種ですので、訓練所や繁殖所を何ケ所か廻ってみながら
大いに勉強をされてください。


Labrador Retriever ラブラドールレトリバー

当校ではマインリーベ犬舎の血統を主流とし、介助犬を目的とした穏やかで温厚な稟性のラブラードールを繁殖していますので、家庭犬としても優れた適性を持ちます。
これまでに当犬舎で産まれた多くのラブラドール犬が、いくつもの育成団体から介助犬として育成されて実働しています。



Standard Poodle プードル

ここにCEOメッセージが入ります。ここにCEOメッセージが入ります。ここにCEOメッセージが入ります。

ここにCEOメッセージが入ります。ここにCEOメッセージが入ります。ここにCEOメッセージが入ります。






Toy dog 小型犬

ここにCEOメッセージが入ります。ここにCEOメッセージが入ります。ここにCEOメッセージが入ります。

ここにCEOメッセージが入ります。ここにCEOメッセージが入ります。ここにCEOメッセージが入ります。



    


サブナビゲーション

copyright©1991  all rights reserved.